カタログギフト

カタログギフトというと結婚内祝いや引き出物などのイメージがありますが、本来はさまざまな贈答品として選ぶことができます。結婚式を初めとし出産祝いや新築祝いなどのおめでたい場面もあれば、香典返しやお見舞い、お世話になっている方へのお歳暮やお中元など、ほとんどのギフトに利用できます。

結婚内祝いや引き出物でもらってうれしいもののアンケートでは、カタログギフトが第1位、第2位はギフトカードや商品券という結果でした。いずれも、もらった人が自分で好きなものを選べるところが共通しています。カタログギフトには高級食品などもありますので、普段はなかなか手が出せないものでも無料なのでこの機会に食べてみたいなど、本当に喜ばれるプレゼントとして支持を得ています。

万能なカタログギフトですが、注意していただきたいのは申し込み期限です。申し込み期限を過ぎてしまうと、なにも注文することができなくなります。せっかく好きなものを頼めるチャンスなのに、無駄になってしまったら意味がありません。産地直送の食材などは配達可能エリアの関係上、お住まいの場所によってはオーダーできないケースがあります。島部などが該当しやすいので、心配な場合は商品を選ぶ前に確認してください。鮮度が無関係なアイテムでも、新モデルに変わってしまうケースがあります。早めにオーダーした方が、気に入った商品を確実に手に入れやすいでしょう。

カタログギフトについて本サイトでいろいろご紹介した内容が、みなさんのお役に立てれば幸いです。